day's eye & lily

つぼみも満開も枯れた花も

なりたいもの

f:id:daisylily:20170113084926j:image

シューベルト 即興曲D.935
この曲のこの章の主題は、幼稚園(キリスト教系)に通っていたときに、お祈りの前に目をつむって手を組んでいたときに先生がピアノで弾いてくれていた曲だったと記憶。2年保育だったけれど、鳩の園章のバッジも、中庭にあった大きなイチョウの樹もその下にあるブランコも、小さなタイルでつくられた水飲み場もセキセイインコたちもすてきだった。
そんな時期の「おとなになったらなりたいもの」は、よくありがちな「ようちえんのせんせい」「ピアノのせんせい」だった。それ以降、記憶にある限り、私は「大きくなったら○○という職業、仕事のできる人になりたい」と宣言したことがない・・・。夢を形として言えない子だったんだなーー。しいていえば、生物系工学を学ぶ道に行ってみたいというのはあった。でもたぶん大学選択が正解だったとも思えないんだけど、生物学は好きだったし新しいことを知るのは面白かった。超氷河期と言われた就活によって、当時需要が高まっていたシステムエンジニアという方向に行って、それで給料をいただいて今に至る。子どもに教える道はやはり向いていなかったなと子育てをしている今ほんとに思う。

子どもたちは自由にぽんぽんとそのときそのときであこがれた職業なり何かをする人何かになれる人、というのを口に出していて、ほんといいなと思う。でも、はっきりとそういうことが言えなくても、大丈夫だよ。なんて自信たっぷりには言えないけど。

トルコ行進曲とエリーゼのために


f:id:daisylily:20170110173503j:image

鈴木祥子さんのライブから、DSD音源が発表されてせっかくなのでDSDで聴いたのですが、そのうちの1曲にモーツァルトトルコ行進曲の演奏が入っていた。軽やかに、そして、爪のあたる音も、ペダルもクリアに聞こえてきてて、最後の笑い声もライブらしくてよかった。そんな曲中で、ある#が気になったのは、自分も弾いていたからか。手元には楽譜なんてない。でも今では便利な世の中でペトルッチ楽譜ライブラリー  のおかげで楽譜も手に入る・・・むくむくと弾きたくなり、休日のみんな寝静まった夜中に電子ピアノの蓋を開く。指がもつれそうにほんと衰えまくっているけれども、弾いた音楽は、しばらくぶりにまともに弾くのも躊躇しなくてすむ親しみがあってありがたい。夜中に眠気も覚めて弾いていたら、眠れなくなったけれど、ほんと楽しくなってしまった。

同じく、「エリーゼのために」も小学生でいっぱい弾ける子いるし、私も昔、この2曲は弾いたけれども、自分の子どもたちが耳にして曲名を知り、弾いて!と言ってくれた曲の一つで、昨年後半はなんだかやっと弾いてあげられる機会が増えた。「アイネクライネナハトムジーク」も過去の連弾演奏を聴かせてみたら、知ってる!この曲!!と盛り上がった。「365日の紙飛行機」というAKB48の曲を覚えてきた子がせがむので、楽譜ぷりんとで購入した弾き語りの楽譜演奏も、お迎えから帰宅して、あわただしい中で、宿題だとか夕食だとかお風呂だとかとタイトな中でも、子どもたちが大熱唱したりと楽しんでくれたひとときだった。


・・・・でも、一人で誰の邪魔にもならずに弾けるって楽しいね。

実家暮らしだった私は、社会人になって実家で平日夜や休日昼間弾くのはかなり躊躇してしまった。だから、ネットで見つけた、池袋のピアノ練習室を借りてときどき退社後行ったりした。回りは音大生かほんとばしばし弾いてるのが部屋から漏れ聞こえてきてたけど、家族を気にせず弾けるのを楽しんだりしてた。そんなときをふと思い出した。

今年は自分なりに弾いてときどきそれで元気になりながらやっていきたいと思う。素朴な欲求。

学校では教えてくれない大切なこと(8) 時間の使い方

学校では教えてくれない大切なこと 時間の使い方

もうね、このテーマでね、日々の多くの叱りを占めてるんじゃないかと思う。もちろん、学校でも学童でも時間というものはとても大事なポイントだと思いますが、いかんせん、家庭でもそうです・・・。

本書のテーマは「時間の使い方」です。
時間は誰もが平等に与えられている大切な資源です。
物はなくなってしまっても取り戻すことができますが、時間はなくなってしまったらそれが最後です。
今この瞬間も、二度と戻せません。時間だけは、どんなに科学技術が進歩しても戻せません。
だからこそ、日々の時間を大切に使いたいものです。
時間を大切にすると、生活が変わります。
生活が変わると人生が変わります。時間を大切に使う方法を学んでいきましょう。

このところ、ジュニア向け新書(前からパンセとか好きだけど)を読んだりしていますが、絵本と新書のあいだくらい、というようなものが小学生、特に低学年向けであるといいなと思っていました。漫画での展開はやはり読みやすいようです、下の子も合わせて見てると。

  • 1章 時間の使い方を知ろう
    ・キミの1日の時間の使い方を知ろう
    ・集中できる時間をいかそう
    ・時間の感覚を持とう
  • 2章 時間管理できるとかっこいい
    ・ていねいに毎日を過ごそう
    ・間子のここがポイントよ
    ・常盤金成のことわざ劇場2 時すでにおそし
  • 3章 自分で夏休みの計画を立てよう
    ・夏休みの計画を立てる準備をしよう
    ・夏休みの時間割とお楽しみ表の巻
    ・常盤金成のことわざ劇場4 石の上にも三年編
  • 4章 時間にゆとりを持とう
    ・時間にゆとりを持とう(ステキな時間を過ごそう)
    ・怪獣カード ダラダラ
    ・としおのけん玉講座

流れる時間の感覚も、そして経験も効率の工夫だって、それはそれは数年生きてきた子どもと、大人では当たり前ですが、随分違うものがあると痛切させられる中、それでも徐々に、自分で決めていくことで自信を持つことだったり、人との調和を保つために必要な時間のことを身につけていってほしいなと願っています。

言葉で言ってもなかなか伝わってない?ように思えることが、こういう媒体を通じて、明るく話ができるひとつの道具にもできるかな?

 

それにしても、時間管理っていえば、大人たちにしてみれば、"長時間労働"、"ワークライフバランス"、"家事時短・家事の取捨"って時間管理の範疇でもあり、自己コントロールがなかなか効かない場に身を置かれていることも多々あり、子どもばかりじゃないじゃん!って思いながら。

Osmanthus fragrans

f:id:daisylily:20161010022133j:plain

先日、昼休みに未来食堂へ行ってきました。徒歩で行ける距離にあったなんて。食事はとても美味しくて、つい、おひつの干貝柱のご飯も同僚とおかわりするくらいでした(笑)。

 

そんなメニューに含まれていた秋おでんにつられて、家でも安納芋(ひとつは焼き芋にしたけれど)を含めたおでんを作ったり。秋鮭は今度入れてみたいな。

 

金木犀はあっという間に香りだしたかと思ったら、登園~駅の途中で何箇所か楽しんでいたのもつかのま、雨風と共に香りは消えていきました。かろうじて、先週末に子どもとサイクリングを楽しんだ先のちょうど盛りの樹。

その盛りのときに、これが香りの元で、○○っていうんだよ、って子どもたちに教えてあげられるという旬を少し楽しめたかな。

 

学校も2学期制で、前期が終わったのですが、出席日数がちょうど100日。もう折り返し、ううっ、早し、すぐ来年度がやってきそう。なかなかどうして子育ての波はあちらが静まればこちらの波が高く・・・の連続ですが、滋養をとりながらなんとかやっていければなと思います。それには食も大事ね。

 

ちなみに金木犀、学名はOsmanthus fragransというのですね。フレグランス。

10/2 鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,Please.』

f:id:daisylily:20161010020340j:plain

先週日曜は、鈴木祥子さんのライブでした。

eachandeveryday.cocolog-nifty.com

今週の日曜は朝から雨だったのに、先週はほんと秋晴れで、長谷別邸の庭はほんと日差しが暑いくらいで(日焼けしました・・・)、幸運な空の下、祥子さんののびやかな声が相変わらず魅力的で、そしてとても晴れやかな表情を間近で感じることができてよかったなと思いました。

誘ってくださったSさん、本当にありがとう。

MCの中で、自分の作ってきた歌が、「ひとりで生きていく」みたいなのも「二人でいられるって最高」というのにもどちらにも振れているなんて話もありましたが、両方、生きていく中での感情の振れというのは、ある意味で自分の自由を許せているのではないでしょうか?