読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

day's eye & lily

つぼみも満開も枯れた花も

小川洋子と谷村志穂

愛読している作家のうち、小川洋子谷村志穂という二人の女性

作家がいます。

 

小川洋子さんといえば、2004年に見事本屋大賞となった

博士の愛した数式」(新潮社, 2003)という小説でその名が

さらに広く知られることとなったのですが、わたしが知ったのは

1994年に「密やかな結晶」(講談社,1994)。

その後もひっそり好んで読んできたのですが、ここまで話題に

のぼるのは芥川賞受賞以降そう多くなかったのではと思います。

 

その「博士の愛した数式」もついに映画化。

今月の東京国際映画祭でも上映されます。

今年は阪神がリーグ優勝したので、日本シリーズもきっと熱く

応援されていることでしょう。

 

一方、谷村志穂さんの作品とは1991年、「十四歳のエンゲージ」

(東京書籍, 1991)という小説がきっかけです。

大学で動物関係の勉強をしていたこともあって、生物学的な話も

多いし、小説の中にもところどころで出てくるのですが、

最近の話は女性のもろさと強さとうまく合わさって、読んでて

自分が励まされるような気がします。

 

数年前に「海猫」が映画になりましたよね。

 

そうやってメディアで話題になる以前に、知ってたし

好きなんだよ~とか心の内で言ってみたりするのですが・・・

 

HOUSE - profile  谷村志穂's WEB SITE - profile