day's eye & lily

つぼみも満開も枯れた花も

あじさい

となり町の踏切から 強い風に吹かれてくる

今よりもすこし幼い あなたとわたしを

駆けよったら 思いきり抱きしめてあげたい

 

水たまりは虹色 紫陽花はむらさき

ふたりは恋してただけ

ふりかえる街並みに光が差してく

 

あじさい Shoko Suzuki (From SNAPSHOTS )

 

最近の楽曲では多くが「愛」について自問自答しているような感がある

彼女の歌ですが、この曲は「恋」だなと思います。

(歌詞にコトバが入っているせいもあるけれど)

石井聖子のデビューアルバム(1997)に歌詞・曲を提供しているのですが、(「恋だっていいのに」「海になった夢」「どうして?」)

恋だっていいのに(歌詞 ) もそういう感じです。

そういえば、昔レンタルしたときに書き留めていた歌詞が出てきました(笑)

どうして? 作詞・作曲 Shoko Suzuki

 

どうしてこんなに 会いたくなるんだろう?

どうしてこんなに 声が聞きたいんだろう?

 

彼っていったい なんなの?

どうしてあたしは そうなの?

わからない わからないなんにも

いつまで これは続くの?

 

どうかお願い 5分だけでも

会いたいの 会って話したいのでも

忘れたい 忘れたくない彼を

自由にして でも閉じこめて

 

どうしてこんなに 会いたくなるんだろう?

どうしてこんなに 声が聞きたいんだろう?

 

彼っていったい なんなの?

どうしてあたしは そうなの?

わからない わからない なんにも

自由にして でも閉じこめて

 

正常な思考能力も プライドもなくしてる あぁ

 

どうして欲しいの あたしは何がしたいの?

どうして痛いの 彼の近くにいたいの?

どうしてすべてが 壊れてしまわないんだろう?

どうしてあなたは ここにいないんだろう?

ここにいないんだろう?

・・・「何がしたいの?」のように自問自答してるわ。

あと一曲、「海になった夢」も書き留めてあるので

それはまた次回にします。

アルバムのダビングも歌詞カードのコピーも取らなかったのでメロディも覚えていませんけれど・・・