読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

day's eye & lily

つぼみも満開も枯れた花も

She Sings A Song in Winter

なんとなく、小谷美紗子の冬の季節の曲を思い出した次に・・

Little Love

Word by 西尾佐栄子 Music by Shoko Suzuki

 

 子供の頃から ずっと得意な

 トナカイの歌を 口ずさんで

 

 踏み切り また

 電車が 夜風を起こせば

 コートの裾 押えて

 

 ねぇ

 Just A Little Love, Just A Little Love

 逢いたい

 せつなさも ときめきに感じて

 ひとりきりでいる時も私

 優しくなれる

 

 ・・・・・・・

 

ムーンダンスダイナーで

Word by 川村真澄 Music by Shoko Suzuki

 青いネオンが揺れる

 黄昏のムーンダンスダイナー

 誰かを待ってるシェパード

 鼻先にちらつく雪

 

 人生はひとつでも

 生き方ならいくつもあるから

 しばらくは泣いていよう

 瞳閉じて 頬杖ついて

 

 

歌詞はどちらも現在と違って彼女と別の人が作っているので

最近の曲とはやっぱり雰囲気も違いますね。

歌い方も言葉も、年齢であったり経験というものが

変わりゆく部分も変わらない部分を作り出していくのだと思います。

リスナーにとってみれば、それが「変わった後はあんまり好きじゃない」

や「昔の歌をやっぱり歌ってほしい」という気持ちになるのもあるわけですが。

全然変わらない、ってことはないですしね。

ファンの(ある意味で)固定された理想イメージに応え続けることが

本人の本意ではないと思いますし。

クラシックでも作曲家や演奏家の若い頃と晩年の作品・演奏が

変化し続けてゆくならではの魅力もあると思います。

 

近年のライブアルバム「I WAS THERE, I'M HERE」でこの

「ムーンダンスダイナーで」を再び聞いたとき、懐かしさもあるけれど

”人生はひとつでも 生き方ならいくつもあるから”というフレーズが

彼女の現在の表現と何か重なるものを感じたのは

わたし個人だけかもしれませんが、そういう感じ方もまたよいのでは

ないでしょうか・・・・