day's eye & lily

つぼみも満開も枯れた花も

彼女が好きな小説

「friends, lovers, my Journey home」(2002)というベストアルバムの

本人のアルバムに対するコメントの中に...

"Love, painful love"

スーザン・マイノットの”欲望”は好きな小説のひとつです。

(中略)

 

"--だれかと寝ることなんて、いちどしてしまえばなんでもなくなる。

思いわずらうことなんてない。しかし問題はほかのところにある。

まったく違った問題が。"

"男の子と付き合うと、そのたびごとに花びらがむしられていくような

気がする。"

 

※「欲望」よりの引用

(後略)

そんな風に取り上げられていた小説を手に入れて

読んでみたことがあります。

彼女の歌を読み解いてここに記そうとは思わないのですが、

この「欲望」という短い小説を読んでみると、恋する相手への

強いベクトルと、気がつくと自分が遠いところにたたずんで

しまっているという距離感が交差している・・・・そういうことが

淡々と表現されているように思います。

満たされたい 、けど、 満たされない という揺れ。

こんなにも体は交わっているのに、あなたとあたしの心まで

満ちていない絶望に近い感覚。

信頼しあえるパートナーがいるとしても、

交わっているときに満たされてると感じたとしても

"孤独"がすべて打ち消されるわけではないと私自身は思います。

なくなることが"しあわせ"か?

孤独、という感覚がある限り、人を求めるし

自分という存在を見つめる時間を得るんじゃないかなと

個人的には思います。

"孤独"について触れている岡本太郎さんの言葉 ~

「孤独はただの寂しさじゃない、充実したものなんだ」

「ぼくは孤独だと思いながら、ものすごい彩りを感じる」 「人間はこどものときから孤独な存在で、自分の運命は自分で切り開いていくものなんだ」 ※引用:ほぼ日イトイ新聞 Be!TARO TAROのひとこと より 愛する人との抱擁で満たされる感情も、

苦しくてひとりで歩いてたい気分も、どちらもなぜかいとおしい。

彼女のうたを聴くと、自分のそんな理解できない欲求も

素直に認められるような気がします。

f:id:daisylily:20160208144029j:plain

amazon - friends,lovers,my journey home

amazon - スーザン・マイノット「欲望 シリーズ・永遠のアメリカ文学」