鈴木 祥子

おぼろげな記憶

ここに載せてもどうか、とは思いますが・・ 以前、TVで鈴木祥子さんの特集をしていたのを偶然見たことがあります。 おそらく、WOWOWかBS1(or 2?)にて。 ・音楽番組 ・鈴木祥子特集 ・音楽のルーツなども話していた ・(アパートの?)屋上や公園でギター、…

契約(スペルバインド)

アルバム「鈴木祥子」より「契約(スペルバインド)」。 タイトルの括弧の中って、直訳だと「呪文で縛る」なんですよね。 あなただけのものでいたい、いいえ、いたくない すべてだなんて言わないで、いいえ、言ってほしい そうよ、言わないで。 あなたはなん…

カラダとココロ

GREEN STYLE Vol.16に、鈴木祥子さんのエコ視点について載っています♪ In My Roomで今月発売のベストコレクションについてコメントされていますね。 ーーうーん、じゃあ逆に、なんで続けられたんだと思います?過去の作品がこんなかたちでもういちど発売され…

区役所に行こう

鈴木祥子「あたらしい愛の詩」より「区役所に行こう」。 女の子は誰でも"結婚"を夢見てるんだよ 銀色に光る指輪を交わすことを、あぁ きっとできるうまくやれる だってとてもあいしてる 洗濯する料理もする、ふたりでやるよ。 死ぬまでにわかるかしら 生きる…

ブルー、ブルー

"○○ブルー"で思いつく言葉。 ●マリッジブルー ●マタニティーブルー(ママブルー) ●復職ブルー ●ブルーディ(月経期間のことを英語で)…etc. なんだか女性のライフイベントに伴う言葉ばかりですね。作ればいくらでもできるわけですが、一般的につかわれてい…

25歳の女は(天国につづく電車で)

アルバム「あたらしい愛の詩」(名盤。)より、「25歳の女は」。 パーコレートして、インジェクトして、ぜんぶ バタークリームにして。 いきたい 場所は、そこ。灯りを 消して、リズムに のって、すべて 忘れて、 愛だ。 このアルバムで「この愛を」に始まり、…

スウィートにもいろいろ ~ ローズピンクのチーク

鈴木祥子「SWEET SERENITY」、ローズピンクのチーク(my mama said, so)、より。 買ったばかりの服で眺めてた、 ベビーカーと買い物袋。 白いワンピースに、ローズピンクのチーク。 世間並みのことができない、 世間並みがあたしをいつか見放していく。 結…

30代の女(進行形)。

鈴木祥子「SWEET SERENITY」、まだ30代の女、より。 まだ30代の女のココロとカラダには、あたらしい愛や衝動がうずまいて いた。 まだ30代の女は、証明、がほしかった。 まだじぶんがキレイだとおもえる、コトバが。 今回のアルバムはとても「今現在の彼女」…

女、であること

「SWEET SERENITY」の特設ページがオープンしていますね。 1. SWEET SERENITY & chocolate milk-tea 2. ELECTRIC FINGERZ 3. まだ30代の女 4. ローズピンクのチーク(my mama said, so) 5. Father Figure 6. 本当は哀しい関係 7. 逆プロポーズ(仮。) 8. 5y…

Summer Songs

来月には待望のアルバム「Sweet Serenity」が発売になりますが、その前に誕生日なのですね。 夏をテーマに、あるいは勝手に自分が夏のイメージを持っている彼女の歌。 個人的な夏にまつわる思い出って華やかにとかcolorfulでなく、幼い頃まともに記憶してい…

雪の夜に

想い出も 罪さえも この手のひらに ひとつずつ 溶けてゆくから 明日になれば 巡る喜び 今は祈ろう - 雪の夜に Shoko Suzuki 相当前の話ですが、鈴木祥子さんを好きな先輩がいました。 彼がスコア「notes and voices」を持っており、ピアノが弾けないからと譲…

4/29 鈴木祥子ライブ in スペース・ゼロ

行ってきました。 毎回は行っていないので、キネマ倶楽部、Duo以来です。 丁度、ホールの真ん中辺りで聴くことができました。 6/13に2枚組ベストアルバムが発売にもなるからか、 懐かしい歌も久しぶりに聴くことができました。 それに大好きな曲のカバー、ほ…

真夜中の旅路

かなり昔のことになりますが、 Bay-FMの深夜放送「Music Pulse on Tokyo Bay」のパーソナリティとして 鈴木祥子さんが出ていたときがありました。 彼女を知ったきっかけがBay-FMのゲスト出演でしたから おそらくその続きで深夜放送に出演していたのを知った…

Sweet Thing

緑の中笑う横顔は 何よりも輝いていた 鈴木祥子さんの「Sweet Thing」という曲は、彼女の祖母のことを唄ったというくだりを見た記憶があったのですが、何でいつ見たのかはよく覚えてません。 それまではあなた、は、恋人かなと想像してましたが。 情景がとて…

海になった夢

海になった夢 作詞/作曲:鈴木祥子/編曲:菅原弘明 想像もしてなかった あなたに出会うことを それでもわかってた いつかめぐりあえると ここにいて 手をとって 泳ぎだしましょう 蒼い海へ 夢の中では あなたが海で わたしの体は水になって溶けてしまうの 朝日…

3月のせい

まるで違う生き物みたい ゆううつ 胸が苦しい 今日もテレビはやけにうるさい 踏切りを待ちながら思う ここで飛び込んだらバカ 眠りゃ眠るでいやな夢みてブルー なぜかわからない それは3月のせい そして体温は不安定 それは3月の 3月のせい Shoko Suzuki - 3…

二十歳の原点 - 高野悦子

過去に、彼女が何かの雑誌で触れていた「二十歳の原点 」という 本を読みました。 いわゆる大学紛争の時代に学生だった一人の彼女の 独白なのですが、率直に言えば、よくわからない彼女の 情動でした。 ただただ、不安定な社会と不安定な「あたしの心」が 綴…

ライナーノーツ。

オフィシャルサイト - アルバム「鈴木祥子」セルフライナーノーツ がupされていますね。 彼女の音楽の変遷の中で、アーティスト達と出会い、一緒に音作りをしてきたことが 端々にあっていいですね。 丁度同じ日に東京事変のアルバムが発売で、どちらもamazon…

ぼくの孤独 あたしの孤独

ぼくは孤独だと思いながら、ものすごい彩りを感じる - Taro Okamoto 鈴木祥子さんが岡本太郎氏の本や、彼の存在をリスペクト している事をコラムやインタビューで知ったのですが、 このコトバ・・・・彼女の音楽と向かい合う姿や、 今回のアルバムの写真から…

Hold me, touch me

podcastも3曲目。リリースまであとほんの少しですね。 ライブ予定とCDジャーナル でのインタビューについてオフィシャルサイト が 更新されていました。 3/19 : 銀座山野楽器でインストアライブ 3/21 : 吉祥寺のMANDA-LA2 CDジャーナルの編集の方が確か、鈴…

あかり を 点ける

あかりの話題が続いたので。 オフィシャルサイト のトップ画像が変わってました。 次のアルバムの写真なのかな・・・・? 2004年の東京キネマクラブで開催されたライブで 舞台上に大きなキャンドルがありました。 ライブの途中から、彼女がひとつひとつ灯り…

あかり を 点ける

あかりの話題が続いたので。 オフィシャルサイト のトップ画像が変わってました。 次のアルバムの写真なのかな・・・・? 2004年の東京キネマクラブで開催されたライブで 舞台上に大きなキャンドルがありました。 ライブの途中から、彼女がひとつひとつ灯り…

たどりついたその名は

オフィシャルサイト によると、1月に発売になるニューアルバムの タイトルは、「鈴木祥子」 だそうです。 あたしは、嬉しくて飛び跳ねたっていい、泣いたっていい、 あたしでいいんだ そういうところからこのタイトルにつながったようです。 以前のベストア…

She Sings A Song in Winter

なんとなく、小谷美紗子の冬の季節の曲を思い出した次に・・ Little Love Word by 西尾佐栄子 Music by Shoko Suzuki 子供の頃から ずっと得意な トナカイの歌を 口ずさんで 踏み切り また 電車が 夜風を起こせば コートの裾 押えて ねぇ Just A Little Love…

NO FEAR/あいすること

鈴木祥子さんが楽曲を提供している坂本真綾さんのアルバム「夕凪LOOP」。 聴いてはいないのですが、提供2曲のうち「NO FEAR/あいすること」の歌詞が知りたいな~と思うところです。 ここ最近の彼女の作詞と他の人へ提供する曲の歌詞には多少客観性が違うのか…

NOTES and VOICES

、という鈴木祥子さんの楽譜集があります。 高校時代の先輩が偶然にも彼女の歌が好きでこの楽譜を持っていたのですが、自分はピアノもギターも弾けないということで譲ってくださいました。 後にも先にも、鈴木祥子さん名義の楽譜集はこの1冊のみのようです。…

”音、そしてコトバ”ライブ

ご本人のサイト で、新しいライブ日程が発表になったようです。 アルバム発売直前、鈴木祥子ソロライブ! “音、そしてコトバ”absolutelyALONEin京都拾得&Cafe independent 12/30,1/20 ...ということは、アルバムが年末~年始あたりに出るのでしょうね。 ベ…

"Piano Girl"

ネットで検索してみると、結構Tori Amosがfavorite artistだと書いて いらっしゃる人がいるんですね。 すっっかり日本盤アルバムのリリース情報はあてにしないで 海外サイトを覗いているわけですが。 MP3もかなり過去のものがありました。 彼女のデビュー前…

Shoko Suzuki

Tori Amosと並行して、私が好きで仕方のないアーティストが鈴木祥子さん。 彼女の音楽との出会いは1992年。ちょうどBAY-FMのゲストで彼女が 初期ベストアルバム「Harvest」(1992)について話しているのを聴いたのでした。 シンガーソングライターとして、マル…